もしもトイレという概念や羞恥が無い世界だったら

もしもトイレという概念や羞恥が無い世界だったら

シェアする

もしもトイレという概念や羞恥が無い世界だったら

■レーベル: 女排泄一門会

■カテゴリ: おしっこ

トイレが無い世界では、誰もがくしゃみをするかのように用を足す。会話中、唐突に尻を出し、マイボトルに勢いよく放尿する。そんな「もしも」の世界の物語。この作品の見方は、二通りある。まずは普通にミニドラマとして楽しんで頂きたい。ここは「もしも」の世界。誰もがくしゃみでもするかのように用を足す。恥じらうでもなく、さも当たり前のことのように…。こんな世界だったら普通に嬉しくて面白い。次に、「ドラマというオブラートに包まれた羞恥プレイ」という見方だ。彼女たちは、「物凄く恥ずかしい」のに、「恥ずかしくない」という演技をしなくてはいけない。さらに「限界寸前」まで我慢しているのに、「その素振りを、あまり見せてはいけない」のである。そう、たとえ、おもらしをしてしまっていても。その我慢具合、ご覧いただければわかるように、もう、演技では誤魔化せないレベルなのである。非常に、興味深い。(排泄屋) ※本編顔出し

もしもトイレという概念や羞恥が無い世界だったら